八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

イベント

八戸旅行の日程に日曜日がある人にオススメしたいイベント

八戸旅行の日程に日曜日がある人にオススメしたいイベント

今回は、八戸旅行を計画している人うち、その旅程に日曜日が含まれる人にお伝えしたい情報です。

八戸ですが、3月中旬~12月の期間の日曜日には、毎週、「八戸館鼻岸壁朝市」というイベントが開催されています。このイベントですが、産直の食品の販売をコンセプトとする、いわゆるファーマーズマーケット的なお祭りイベントとなっています。

イメージとして、ハワイで開催されるKCCのファーマーズマーケットをご存知の方は、似たようなコンセプトのイベントと考えていただいて問題ないです。

八戸館鼻岸壁朝市はとにかく規模が大きい

東京でも「青山ファーマーズマーケット」などのように、農家直産の食品を販売するイベントが開催され、人気となっていますよね。

そのような都会で行われるファーマーズマーケットと比較し、八戸館鼻岸壁朝市の特徴と言えるのは、その規模がとにかく大きいことです。なので、都会で行われるファーマーズマーケットの規模を想像して、この朝市を訪れると、規模の大きさに驚くことになります。

その規模の大きさですが、例えば、東京では、代々木公園でたまに大規模なお祭りイベントがありますよね。で、そのようなイベントでは、NHKの前まで大規模に屋台が立ち並びます。それくらいの規模のイベントが、八戸では毎週日曜に朝市として開催されているわけですね。

また、八戸館鼻岸壁朝市では、青森県産や八戸近隣の特産品を販売する店だけではなく、食べ歩きができる屋台がたくさん立ち並んでいます。なので、朝食としてそのような屋台の料理の食べ歩きを楽しむこともできます。

ただ、八戸館鼻岸壁朝市の開催時間は、9時までとなっており、その意味で、本当に「朝市」と言えます。なので訪れる場合は、早起きする必要があります。

事前に八戸館鼻岸壁朝市の雰囲気を確かめる方法

さて、八戸館鼻岸壁朝市ですが、食べ歩きを楽しんだり、特産品をお土産として買ったりできるため、八戸に観光で訪れる旅行者にも、ぜひ参加してしてほしいイベントです。

ただ、一度も参加したことがない旅行先でのイベントは、何となくですが、「本当に参加して大丈夫だろうか?」と心配になりますよね。なので、事前にその雰囲気を確かめたくなるはずです。

で。その雰囲気ですが、事前に簡単に確かめる方法があります。その方法ですが、Googleストリートビューで、八戸館鼻岸壁を見るだけです。

Googleストリートビューで八戸館鼻岸壁を見る

上のリンクからご覧いただくとわかる通り、Googleストリートビュー上で八戸館鼻岸壁朝市のイベントの様子が確認できるんですね。

その様子を見ていると、八戸館鼻岸壁朝市の様子がとてもよくわかるはずです。で、見ると、かなりの賑わいのあるイベントであることがわかりますよね。

また、本当に様々な屋台が立ち並んでいる様子も確認できるはずです。

寒い時期は服装に注意

八戸館鼻岸壁朝市ですが、このような感じで大規模なお祭りの縁日のようなイベントとなっています。なので、旅行者でも気軽に参加出来るイベントなんですね。

ただ、上でのGoogleストリートビューで八戸館鼻岸壁朝市を様子を見るときですが、注意点があります。

というのも、このストリートビューが撮影された時期は、7月なんですね。なので、歩いているお客さんの服装には、夏場の格好として、半袖姿の人も見かけることになります。

一方で、すでに述べた通り、この朝市は、12月の冬場にも開催されるんですね。しかも、朝に訪れることになるため、冬場に訪れると、正直なところ、かなり寒いわけです。

なので、旅行者が朝市に参加する場合は、その時期次第では、防寒対策が必要になります。この点に気をつけてください。

Return Top