八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

交通

生まれて初めて雪道を運転する人が最初にチェックすべきこと

生まれて初めて雪道を運転する人が最初にチェックすべきこと

今回は、冬の八戸を訪れ、レンタカーで行動する予定の人にお伝えしたいアドバイスです。

そのような人の中でも、これまで雪が積もった道路を運転したことがない人に伝えたい情報です。

最初にどれくらい滑るものかを把握する

八戸ですが、同じ青森県の青森市や弘前市に比べると、雪が積もることが少ない気候です。ですが、積もるときは積もるもので、自分が旅行で訪れた日が、たまたまそのような状況にならないとも限りません。

なので、冬の八戸を訪れレンタカーで行動する予定の人は、念のため、「雪が積もった道を運転することになるかもしれない」という想定をしておいた方が良いわけです。

ただ、そんなことを言われても、これまで一度も雪道を運転したことがないと、雪道の運転の怖さがピンと来ませんよね。

そこで、雪道を初めて運転する人に伝えたいアドバイスが、最初に「どれくらい滑るものかを把握する」というものです。

具体的には、周りに迷惑がかからない場所で、やや急にブレーキを踏んで見て、雪道がどれくらい滑るものかを把握するわけです。

例えば、レンタカー会社の駐車場敷地内に雪が積もっていたら、そこから出発するときに、急発進、急ブレーキなどを、軽く試すんですね。

こうすることで、「なるほど、こうすると滑るんだ」というものが、雪道初体験の人でも、感覚的に掴めるようになります。この感覚を周りに迷惑をかけず、自分も安全な環境で、まず確認するのが重要です。

逆に、このチェックをせずに、いきなり路上に行ってしまうと、その滑る感覚がわからず、恐々と運転することになります。

怖いのはアイスバン

で、このように雪道がどれくらい滑るかをチェックした上で、実際に路上に臨むと良いですが、それでもまだ安心できません。

というのも、実際の路上では、レンタカー会社の敷地上の雪で試した以上に滑りやすい場所があるからです。具体的には、雪が踏み固められてアイスバンになった場所です。

アイスバンは、交差点の前や上り坂、日陰、などが、そのようになっていることが多いです。アイスバンは、普通の雪道以上に滑りやすいため、より慎重さが求められます。

例えば、私の実体験では、アイスバン上で急ブレーキを踏んだ結果、四輪ドリフトのように車体が反転し、くるっと反対車線にすべり出たこともあります。

「普通の雪道運転に慣れたな」と感じたあたりで、このアイスバンの滑りやすさが事故に繋がります。なので、油断しないように気をつけてください。

Return Top