八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

八戸近郊

地名の「四戸」がない理由を四戸さんに聞いてみた結果

地名の「四戸」がない理由を四戸さんに聞いてみた結果

今回は、八戸旅行にあたり、八戸近郊の歴史に興味がある人にお伝えしたい情報です。

八戸近郊の青森県から岩手県のエリアには、「〜戸」とつく地名が、一戸(いちのへ)から九戸(くのへ)まであります。ところが、今現在、四戸(しのへ)だけは、ありません。

そして、四戸だけがない理由について、「詳しそうな友人に聞いてみました」というのが、この記事でお伝えしたいことです。

で、結論を先にお伝えしておくと、今現在、四戸という地名がない正確な理由はわかりませんでした。一方で「え〜、そんな説があるの?」という話を聞くこともできました。

元四戸があったとされる旧名川町出身の友人の話

私が、地名の四戸がなくなった理由について聞いてみた友人は、旧名川町出身です。名川町というのは、2006年に南部町に合併され、今現在は、存在しない町なのですが、私が八戸に住んでいた当時は、ちゃんとした町でした。

その名川町があった周辺が、「もともと四戸があった場所」という説があります。

さて、私には、その旧名川町出身の友人が二人いるのですが、それぞれに、「四戸という地名がなくなった理由を知ってる?」と尋ねてみました。

昔四戸があったとされるエリアの出身であれば、「郷土史として詳しい話を知っているのではないか?」と考えたからです。

そして、その回答ですが。まず一人目の友人は、「合併でなくなったんじゃないの?」と、このエリア出身者とは思えない、素っ頓狂な回答を貰いました。というのも、四戸という地名がなくなったのは、最近の話ではないからです。

で、もう一人の友人の回答には、かなり期待していました。というのも、その友人の名字は、その名も「四戸」さんだからです。四戸があったとされる場所出身の四戸さんであれば、この件について、詳しくない理由がなさそうですよね。

気になる、その四戸さんの回答ですが・・・、「地名の四戸がない理由は、世界7不思議の1つと言われていて、誰にも真相がわからない」というものでした。

世界7不思議の1つというのは冗談ではあるのですが、実際のところ、現在、地名の四戸がない理由は、全くわからないのだそうです。

ただ、その四戸さんは、「天皇から授かった地名で、恐れ多くて地名につけられなかった」という説を聞いたことがあるそうです。

一方で、「この説も、真相は不明なんだけども」ということでもありました。私はこの説は初めて聞いたので驚きとなりました。

いずれにせよ。元四戸があったとされるエリア出身の四戸さんでさえ、地名の四戸がなくなった理由について知らないことがわかりました。それによって、この謎の真相は、思ったより深いことがわかり、それが発見となりました。

Return Top