八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

飲食店

一人旅でも利用しやすい八戸中心街の寿司屋

一人旅でも利用しやすい八戸中心街の寿司屋

今回は、八戸への一人旅を計画している人に伝えたいお役立ち情報です。私は、2016年5月のGWに八戸に滞在していたのですが、その時に「八戸に一人旅で観光に来る人がいる」という発見があったんですね。

そこで、「これから同じように八戸へ一人旅をする人に役立つ情報を」と考えてのこの記事です。

で。八戸に一人旅をするにあたり、「八戸の寿司屋で美味しい海産物を食べてみたい。けど、一人で入りやすい店がわからない・・・。」と、悩みますよね?今回、そのように悩んでいる人に、オススメしたい寿司屋があるんですね。

お一人様で利用しやすい八戸中心街の寿司屋

ご紹介したい寿司屋ですが、朔日町(ついたちまち)の大磯という店です。この店ですが、八戸の中心街の端の方ではありますが、中心街から徒歩圏の立地です。

ご参考に、お店の場所ですが、次のGoogleマップのリンクから確認することができます。

Googleマップで大磯の場所を見る

で、大磯が、なぜお一人様でも利用しやすいのかと言いますと。カウンター席が中心の店だからです。ちなみに、この記事のトップの写真が、この店のカウンター席の様子です。

この写真の通り、店の玄関を開けて、すぐにカウンター席があります。このカウンター席が一人の客でも過ごしやすい場所なんですね。

ただ、この店には、座敷席もあります。で、その座敷席は、2Fの個室のタイプと、1Fのカウンター席の後ろの半個室のタイプがあります。その1Fの半個室に、グループ客がいる場合は、ちょっと、騒々しい思いをするかもしれません。

ですが、グループ客は、2Fの個室を使いたがるので、そのような思いをするのは、レアケースです。つまり、この店では、一人で落ち着いて過ごせることが多いです。

また、上でご紹介した通り、この店の立地は、八戸中心街の一番賑わっているエリアから、ちょっと外れています。なので、知る人ぞ知る感じの寿司屋となっているんですね。おそらく、八戸で生まれ育った人でも知らない人もいるでしょう。

つまり、ちょっと隠れ家的な立地にあるため、人が激しく出入りすることがないんですね。なので、お一人様で訪れても落ち着いて、食事を楽しむことができます。

ちなみに、私は、八戸に帰省した時は、この寿司を訪れることが多いのですが、この店のカウンター席をお一人様で利用しているお客さんをよく見かけます。

お店の大将も気さくな人柄で居心地が良く、お一人様で利用する客がいるのも頷けます。

料理は大将にお任せがオススメ

では、実際にこの店を一人で訪れることにしたとして。次に心配になるのは、「何を注文したら良いんだろう?」ということですよね。

知らない土地の初めての店なので、そう心配になるのが当然です。また、以前、『八戸旅行の飲食店情報を「食べログ」で探す前に知っておきたいこと』の記事でお伝えしたのですが、八戸の飲食店情報は、食べログがあてにならないんですね。そもそもクチコミ情報が少ない上に、観光客寄りの評価に偏っているからです。

なので、ますます、何を注文したら良いかに悩むことになります。

ただ、この店の場合は、そのように悩む必要はありません。予算を伝えて、料理を大将にお任せで注文することができるからです。そうした場合、その時の旬の素材を使った料理を出してくれます。

そのため、この店では、注文するものがわからず困るようなことがありません。ちなみに、先にちょっとした料理を出してもらってお酒を楽しみつつ、最後に握りを出してもらう、というような順番での注文の仕方も可能です。

また、この店ですが、ランチ営業もしています。ランチの場合は、リーズナブルな価格帯で、丼モノを食べることができます。ただ、私としては、せっかくの寿司屋ですから、やはり夜に訪れて寿司を楽しんで欲しいですね。

Return Top