八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

観光

地酒好きが八戸旅行で訪れるべき観光スポット

地酒好きが八戸旅行で訪れるべき観光スポット

今回は、八戸旅行を計画している人のうち、「日本酒が大好きです!」という人に、お伝えしたいお役立ち情報です。

八戸には、地酒を醸す蔵元がいくつかあります。そのうちの1つとして、八戸酒造という蔵元があるんですね。

で、今回お伝えしたいのは、「八戸で地酒を飲むのを楽しみにしている人には、八戸酒造の蔵見学をぜひしてほしい!」ということなんですね。

八戸酒造の蔵見学をオススメする理由

なぜ地酒好きの人に、八戸酒造の蔵見学をオススメするのかというと、その後に八戸の地酒をより美味しく、楽しく飲めるようになるからです。

詳しく述べますと。まず、地酒好きの人は、そもそも八戸旅行中に利用する飲食店で、「青森や八戸の地酒を飲みたい」と考えていますよね。

実際、八戸の居酒屋や飲み屋に行くと、まず間違いなく八戸の地酒が置いてあり、八戸の海産物を使った美味しい料理をつまみに、地酒を楽しむことができます。

で、そのようなシチュエーションで、いざ八戸の地酒を飲もうと思った時に、「どれを飲もう・・・」と悩むことになるんですね。というのも、一口に地酒といっても、複数の種類の地酒があるからです。

例えば、八戸酒造が醸す地酒だけでも、たくさんの種類があるんですね。それは、次のリンク先の八戸酒造の公式サイトから、その豊富な種類を確認できます。

八戸酒造の醸す地酒の一覧を見る

上の公式サイトを見ると、「陸奥八仙」の定番商品だけでも5種類、限定商品や「男山」などを含めると、20種類以上のラベルがあるんですね。

なので、もともと詳しい人でないと、自分の好みの種類を選ぶのが難しいわけです。もっとも、八戸の飲食店で、これらのすべてのラベルを揃えているわけではありません。が、複数選択できる場合は、「どれにしよう」悩むことになるわけですね。

ラベルの違い、地酒の魅力を学べる

で、八戸酒造の蔵見学をすると、日本酒の製造工程から詳しくガイド付きで学べるんですね。もちろん、八戸酒造で醸すラベルの違いについても詳しく学ぶことができます。

そのため、蔵見学をすると、「自分が好みのラベルはこれだな」ということを、事前に知ることができるんですね。その意味では、八戸酒造の蔵見学は、八戸旅行の早い段階で済ませておく方が良いですね。

そうすると、その後に飲む地酒において、自分の好みにあったものを選ぶことができるようになるからです。つまり、地酒をより美味しく飲むことができるわけですね。

また。蔵見学の時ですが、時期が合えば、普通は飲むことが難しい、火入れをしていない生酒を試飲させてもらえることもあります。私は、実際に八戸酒造の蔵見学時に、運良く生酒を試飲させてもらう機会があったのですが、これが格別に美味しいかったわけです。

と、このような魅力があるので、日本酒好きで八戸旅行を計画している人には、ぜひ八戸酒造の蔵見学をして欲しいんですね。

Return Top