八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

飲食店

シーフード好きに食べて欲しい八戸の美味しいローカルラーメン

シーフード好きに食べて欲しい八戸の美味しいローカルラーメン

今回は、八戸旅行中にする外食先を探している人にお伝えしたいお役立ち情報です。

八戸ですが、旅行者にもぜひ味わって欲しいローカル料理がいくつかあるのですが、そのうちの1つとして、ラーメンがあるんですね。

で、「八戸のローカルラーメン」というと、煮干しで出汁を取ったスープの「八戸ラーメン」をご存知の方もいるかも知れません。

ですが、今回オススメしたいのは、その八戸ラーメンではなく、磯ラーメン(もしくは三陸ラーメン)と呼ばれる海鮮ラーメンなんですね。

シーフード好きにたまらない海鮮の豪華な具沢山のラーメン

この記事のトップの写真が、その磯ラーメンの様子です。このようにウニ、アワビ、ホタテ、エビと言った豪華な具沢山の塩ラーメンを「磯ラーメン」と呼びます。

ちなみに、この写真のラーメンは、八戸駅のビル内にある飲食店、「浜料理いかめしや 烹鱗」で注文した、「しおさいラーメン」というラーメンです。ほか、八戸駅に隣接するユートリーというビル内の飲食店でも、磯ラーメンが食べられます。

磯ラーメンですが、このように実際には「磯ラーメン」と言う料理名で売られているとは限りません。一方で、海鮮の具沢山の塩ラーメンを指すジャンル名として使われているわけです。

そのため、磯ラーメンに入っている具も、お店によって異なります。ですが、海鮮の出汁が効いた塩ラーメンという点では共通しているんですね。

そして、シーフード好きの方には、是非この磯ラーメンを味わって欲しいと考えています。様々な海鮮の具から出たダシが混じり合って、なんとも言えない美味しさを味わえるからです。

私は普段東京で暮らしているのですが、たまにこの磯ラーメンを食べたくなります。のですが、東京では、この料理を出すお店が(おそらく)存在せず、食べられないんですね。

なので、八戸に帰った時に食べる楽しみの1つとなっています。

人によっては好みに合わないこともあるので注意

ただし。この磯ラーメンですが、人によっては好みに合わないこともあるので注意してください。八戸で生まれ育った私の友人にも、「磯ラーメン苦手なんだよね」と言うタイプが複数います。

もしかすると、濃厚な海鮮ダシが、逆に濃厚過ぎて生臭さを感じるのかもしれません。この辺りは、その人の好み次第となるので、なんとも難しいところなのですが、「磯ラーメンが苦手」と言う人が、意外といる点は知っておいたほうが良いです。

というのも。磯ラーメンですが、ウニ、アワビ、エビ、ホタテなど、豪華な具を「これでもかっ!」と多用する贅沢なラーメンのため、その価格が結構するんですね。例えば、上でご紹介した、「しおさいラーメン」は1,800円します。

なので、その価格を払った上で「好みでなかった」となると、かなり後悔することになるんですね。なので。最初は旅行者全員で磯ラーメンを頼むようなことはせず、1つだけ注文してみて、好みに合うかどうかを確かめてみるのが良いですね。

Return Top