八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

観光

八戸旅行だからこそ楽しめるスポーツ観戦

八戸旅行だからこそ楽しめるスポーツ観戦

今回は、八戸旅行にあたり、観光プランを考えている人にお伝えしたい情報です。

で、今回、お伝えしたいのは、一言でいうと、「八戸旅行中、アイスホッケーの試合観戦を楽しむのはどうですか?」と言うことです。

なぜオススメするかと言うと、日本においてアイスホッケーは、それが盛んな地域でないと中々観戦できないスポーツだからです。そして、八戸は、アイスホッケーも含めて、スケート競技が盛んな街なんですね。

なので、ホッケー観戦は、「八戸ならではの楽しみ」と言えるのです。

八戸では子供頃から、スキーではなくスケート教室を体験する

私は普段東京に暮らしているのですが、東京で「青森県出身です」と言う話をすると、「スキー上手いんですか?」のようなリアクションをされることがあります。

で、私は、決してスキーやスノボができないわけではないのですが、それほど自信があるわけでもありません。と言うのも、八戸市内は、他の雪深いエリアのように、小学校の授業でスキーをやれるような環境ではないからです。

なので、八戸で生まれ育った人の中には、スキーやスノボを一度もやったことがない人さえいるはずです。ちなみに、私が初めて本格的にスキーをやったのは、高校生になってからでした。

一方、スケートは別なんですね。と言うのも、八戸では、小学校の頃から、冬場に学校の授業として、スケート教室やスケート大会があるからです。また、学校にはスケート部やホッケー部と言う、部活動もありました。

もしかすると、今現在はどうなのかはわかりませんが、少なくとも私が育った頃は、そうだったわけです。なので、スケートは、自信を持って「滑れる」と言えるわけです。

こんな感じで、八戸は、スケートが盛んな街なんですね。

八戸ではホッケー観戦をジュニアから社会人の試合まで幅広く楽しめる

実際、私が得意なのは、スピードスケートなのですが、周りの友人を見渡すと、小学生の頃からアイスホッケーを練習している友人が何人もいます。

それは今現在でも変わりません。事実、青森県アイスホッケ-連盟の公式サイトにある、大会スケジュールを見てみると、今でも、小学生から社会人までの試合が行われていることが確認できます。

青森県アイスホッケ-連盟: 大会スケジュール

なので、八戸旅行の日程と、ホッケーの大会の試合の日程が合えば、旅行中、ホッケー観戦を楽しめると言うわけです。

私は普段東京に暮らしているのですが、東京では、ホッケー経験者の関係者を除き、アイスホッケーの観戦経験のある人に会ったことがありません。

実際、東京でホッケーの試合を楽しもうと思うと、東伏見アイスアリーナなどに行く必要があります。なので、近くに住んでいる人でない限り、中々見に行く機会が得にくいんですね。(ちなみにこの記事のトップの写真は、その東伏見のリンクでの試合の様子です。)

なので、八戸旅行を機にホッケー観戦をしていただきたいわけです。

ただ旅行者が八戸で実際に「ホッケー観戦したい」と考えた場合、リンクまでの交通手段を検討する必要があります。リンクへは、車でアクセスした方が便利だからです。ただ、八戸の南部山のアイスアリーナでの試合であれば、バスでもアクセスできます。

理想を言うと、観光客向けの「八戸駅送迎付き、ホッケー観戦ツアー」のようなオプショナルツアーがあると良いですね。ですが、残念ながら今のところそのようなサービスはないようです。

Return Top