八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

2019年8月

八戸で「海釣り→道の駅→温泉・ランチ」で大満足に過ごした日のスケジュール例

八戸で「海釣り→道の駅→温泉・ランチ」で大満足に過ごした日のスケジュール例

前回の釣りが趣味の八戸在住の友人とした楽しい海釣り体験談の記事では、私が2019年8月に5歳児を連れてした八戸での海釣り体験をご紹介しました。

で、この記事は海釣り体験にフォーカスしたものですが、この日は、実は海釣りの後、道の駅(正確には浜の駅)での買い物、その後グランドサンピアで温泉に入ってランチを食べる、という八戸を満喫できるプランで過ごしていました。

そこで八戸での観光プランを検討している人へのご参考に、この日のスケジュールをご紹介します。ちなみに、この日は、友人の車で行動していますので、八戸でレンタカーを借りているなど、交通手段として車がある前提での過ごし方になります。

では、この日のスケジュールについてご紹介すると、次の通りです。

以上が、私が海釣り体験をした日にした八戸の過ごし方のスケジュールの全体像です。朝9時に行動を開始して14時に解散しているので、だいたい5時間くらいのプランとなっています。この5時間の間に、釣りを楽しみ、道の駅のような施設でお土産を物色し、温泉に入って昼飯も食べられ、とても満足できる内容となりました。

では、この日のスケジュールについて簡単に解説しますと。

まず、9時に行動を開始して海釣りを始めています。この海釣りに関して、釣りが趣味の八戸在住の友人に全てお任せで行動していたのですが、友人曰く、特定の魚を狙っていたわけでなかったそうです。この意図は、「特定の魚を特に狙わず、行ける時間に行って釣れる魚を釣ろう」ということなんだと思います。

実際に大久喜漁港で釣りをしてみると、アイナメ、ソイ、アジ、小サバ、カレイなどが結構釣れて驚きました。2時間くらいで釣りを切り上げ、はしかみハマの駅 あるでぃ~ばに移動しました。この施設は、八戸のお隣、階上町にある道の駅で、大久喜漁港からは車で10分もかからない場所にありました。

はしかみハマの駅あるでぃ~ば
はしかみハマの駅あるでぃ~ばの外観

この施設は2018年5月にオープンしたそうで、私は初めて訪れました。友人曰く、「魚が釣れなかったら、ここで魚を買って帰ろうと思っていた」とのことで、実際この施設のショップには、新鮮な魚介類が販売されていました。次の写真の通りです。

ほか、階上町の特産品のいちご煮の缶詰など、お土産にちょうど良い商品も扱っていました。

はしかみハマの駅あるでぃ~ばで売られていたいちご煮の缶詰セット
はしかみハマの駅あるでぃ~ばで売られていたいちご煮の缶詰セット

あるでぃ~ばでお土産を物色した後、八戸の東白山台にあるグランドサンピア八戸に移動し、温泉を楽しみました。グランドサンピア八戸の公式サイトによると、この施設の温泉は、敷地内で湧き出す天然温泉なのだそうです。その温泉で、海釣りで疲れた体を癒すことができました。

グランドサンピア八戸には、レストランがあるのですが、他、温泉のあるフロアに座敷の休憩スペースがあり、そこが食券制の食堂のようになっています。今回は小さい子連れだったので、気軽に楽しめる座敷で食事をすることにしました。

そして、その食事を終えたのが14時頃となり、解散しました。今回、この5時間で、釣りを楽しみ、お土産も探せ、温泉に入った後、昼食まで済ませられ大満足だった上に、それでも14時という結果となり、充実した1日となりました。

この経験から、私は、なんと言いますか、八戸を訪れる観光客に対して、このような体験をできるオプショナルツアーを一人8千円〜1万円くらいで提供してくれるような現地ツアー会社が八戸にあったらいいのに、と勝手ながら思いました。

Return Top