八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

飲食店

えっスタバにドライブスルー!?都会ではできない八戸のスタバの楽しみ方

えっスタバにドライブスルー!?都会ではできない八戸のスタバの楽しみ方

今回は、八戸旅行を計画している人のうち、郊外型スタバを利用したことがない人にお伝えしたいお役立ち情報です。

例えば、東京都心近くにお住いの方は、「えっ、郊外型のスタバ?」と、思われる方も多いですよね?普段、そのような都会に暮らしている人にお伝えしたい、八戸のスタバの楽しみ方があるんですね。

八戸のスタバにはドライブスルーがある

以前、『八戸帰省時に必ず立ち寄るオススメの地元カフェ』の記事でも同じことを述べているのですが、私は、八戸に帰省している間は、全国チェーン店ではなく、地元の店を極力利用することにしているんですね。

そのほうが地元感が感じられて、楽しいからです。で、このような心境は、これから八戸への旅行を考えている人も、同じですよね。せっかく八戸まで遠出する以上、地元ならではの店を楽しみたいはずです。

ところが。何事にも例外があるもので、私の例外は、スタバなんですね。スタバに限り、八戸に帰省している時にも、利用したくなります。

なぜかというと、八戸のスタバでは、東京のスタバではできないエクスペリエンス、つまり、体験ができるからです。具体的にどのような体験かというと、「広くてゆったり快適に利用出来る」という体験です。

この快適さは、普段東京の限られたスペースを有効活用した感じのスタバを使っている人には、驚きとなるはずです。

加えて。この八戸のスタバのような郊外型のスタバには、ドライブスルーがあるんですね。もちろん八戸のスタバにもドライブスルーがあります。これは、東京都心のスタバでは、全く想像がつかない世界ですよね。

八戸田向店を利用してほしい理由

で。今現在、八戸にはスタバが八戸田向店と八戸城下店の2店舗があるのですが、ドライブスルーがあることからわかる通り、どちらも八戸中心街からは、ちょっと距離があります。

で、八戸城下店であれば、八戸中心街からでも、頑張れば歩ける距離ですね。ちなみに、私が中学生だった頃を思い出すと、この区間は歩いて移動していました。

ですが、私は、八戸に旅行に来る人には、八戸田向店を利用してほしいんですね。その理由ですが、この店が、八戸にできたスタバの第1号店だからです・・・というのは、冗談です。

本当の理由ですが、八戸田向店の近くに、お土産に丁度良いお菓子を売っている店があるからです。具体的には、「お菓子のみやきん」という店なのですが、その八戸店が、スタバの八戸田向店の近くにあるというわけです。

みやきん八戸店の公式サイトを見る

みやきんの場所ですが、スタバの八戸田向店を出て、新田川方向を見ると、「山匠電気工業エコ電化事業部」の建物があります。この記事のトップの写真の奥の方に見えている建物です。その建物の逆の方向に進み、すぐの角を右に曲がると、右手にあります。言葉で説明するより、上の公式サイトで、地図を見た方が確実ですね。

で、「お菓子のみやきん」ですが、七戸町に本店を置く、文久元年(1861年)創業の伝統のあるお菓子屋なんですね。で、みやきんでは、様々なお菓子を販売しているのですが、定番は、やはり「駒饅頭」です。

みやきんの公式サイトで「駒饅頭」を見る

私は、子供の頃から、この「駒饅頭」をお土産にもらって食べていたのですが、くどくなく素朴でシンプルな味わいを気に入っていました。

今はそのような食べ方はしませんが、子供の頃は、この饅頭の外側の薄い皮の部分だけをまず剥いて食べ、その後、本体を食べる、と言った楽しみ方をしたものでした。

この「みやきんの八戸店にも行ける」という理由から、スタバの八戸田向店を利用してほしいわけです。

Return Top