八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

八戸旅行の基本

これで迷わない!八戸旅行の服装選びのポイント

これで迷わない!八戸旅行の服装選びのポイント

八戸旅行に向けて、「どんな服で行けば良いかな?」と悩んでいませんか?特に青森県のような本州の最北端に来た経験がない人はどれくらい寒いのかがピンと来ませんよね。

そこで今回は、八戸の四季の気温を踏まえつつ、八戸旅行の服装選びのポイントをご紹介します。

東京と比べどれくらい寒いのか

まず、八戸旅行の服装選びにあたり知るべきは、その八戸の気温の寒さですよね。ご参考として、東京と八戸の最も暑い月と寒い月の最高気温、最低気温の平均を比べてみると。

最も暑い月(8月): 東京 23.0度〜30.9度 / 八戸 19.3度〜26.5度
最も寒い月(1月): 東京 0.9度〜9.6度 / 八戸 -4.2度〜2.6度
※統計期間:1981年~2010年

以上の通りとなります。これらの温度はその月の平均値なので、実際には八戸では8月の気温が30度を超えることもあります。

で、まず最も暑い夏場の東京と八戸の気温を比較してみると、それほど大きな開きはないことがわかりますね。実際に八戸でも7月後半から8月前半の気温はそれなりに暑く、半袖で過ごせる気温となります。なので海水浴などを考えていた場合は、この時期がおすすめですね。

一方で、東京では9月に入っても寝苦しい暑さとなる日が続くのと比較し、八戸の場合はお盆を過ぎたあたりから徐々に涼しさを感じられるような気温となるのが例年です。なので、八戸では8月と言ってもその月の後半は、海水浴には寒くなる可能性がある点には注意が必要です。

次に、最も寒い冬場の東京と八戸の気温を比較してみると。こちらは、八戸の方が相当寒いことがわかるのではないでしょうか。八戸の寒い時期の最低気温は氷点下となることが多く、0度の気温で「まだ寒くない」と感じる日もあります。

なので、わざわざこんなに寒い時期に八戸旅行を計画することはありません。ですが。この時期の旬な食べ物を目当てにするならばその価値があります。たとえばですが、八戸で冬に旬な魚介類としては、ホッキ貝やアンコウ、タラなどがあります。やはり食材は旬に食べると抜群の美味しさとなりますよね。なので、これらを目当てに、八戸に行くのは十分「アリ」です。

冬場の八戸に行く場合の服装としては、東京の冬に使っているコートよりも保温性が高いものを準備する必要があります。たとえば、ダウンコートなようなものです。ご参考に、私が正月に帰省する場合は。インナーに着る服は東京で着ている服のまま変えませんが、アウターをダウンの入った暖かいコートにします。

春と秋の服装選びのポイント

以上から夏と冬の服装選びのポイントを掴めたのではないでしょうか。では、次に春の服装選びのポイントについてご紹介します。

春の服装選びですが、「八戸の桜の開花時期が4月末から5月頭になる」、と言うことを知るとおおよその見当が付くのではないでしょうか。つまり、東京と比べるとちょうど1ヶ月程度、八戸の桜のシーズンが遅いわけです。なので、東京では3月末にはコートが不要な陽気となる日もありますが、東京の桜の時期でも八戸では寒い日がまだまだ続くわけです。

ちなみに。これは八戸でも例外的なことだったのですが、今から20年以上前には5月のゴールデンウィークに八戸で雪が降ったことがありました。

次に、秋の服装選びのポイントについてです。これは年によって寒くなる時期が変わってきます。なので、「こうだ!」と言うポイントをお伝えしにくいのですが、やはり東京と比べると寒くなる時期が早いです。まず東京の感覚で言うと八戸の11月は、すでに東京の冬に近い寒さとなります。そして9月、10月は、日によって変化が大きいので、旅行直前に最新の天気と気温を確認し、寒そうな場合は念のために羽織れるものを用意しておいた方が良いですね。

青森市と違って雪が積もりにくい

以上、季節に分けて服装選びのポイントをお伝えしましたが、それに補足の情報として。八戸は、青森市や弘前市と比較すると、降雪量が少なく雪が積もることが少ないこともポイントです。

たとえば、テレビで1メートルを超える青森市の積雪の様子を天気予報で見たことがありませんか?ですが、八戸では、青森市のように1mを超える積雪になることはありません。これまでの観測上の記録でも、八戸の積雪は1977年の2月に92cmを記録したのが最高記録です。なので、東京で想像している以上に雪が積もっていないのが八戸の特徴と言えます。

雪が積もっているとその履物について考えることになりますが、八戸ではそれほど心配が必要ないわけです。ただ、まれに大雪が積もることがあるので、やはり旅行前の最新情報を確認するのが確実ですね。

八食センターのライブカメラが参考になる

最後に、服装に関しては、現地の人がその時点でどのような服装をしているかを見るのがとても参考になりますよね。その確認方法として、八食センターのライブカメラを見る方法があります。次のリンクから見ることができます。

八食センター – WEBカメラ
https://www.849net.com/camera/

八食センターとは、八戸にある大きなスーパーで魚介類を中心に八戸近隣の食材の品揃えが充実した店です。八食センターは、八戸の観光スポットとしてよく紹介されるので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

その八食センターの館内の様子をリアルタイムで確認できるのが、上でご紹介した八食センターのライブカメラです。リアルタイムなので、八食センターが営業していない時間は見られませんが、営業中は館内にいる客の様子がわかります。その客の服装を見て、八戸旅行の服装選びの参考にするわけです。

もっともこのカメラは、館内に設置されているので、その前提で参考にすることになります。ですが、今現在八戸にいる人の服装を見る目的では十分に使えますよ。また八食センター内の雰囲気もわかり、その点でも面白いはずです。

以上、八戸旅行での服装選びのポイントについてご紹介しました。特に冬の寒い時期は、風邪を引かないように厚着してくださいね。

Return Top