八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

飲食店

八戸の住人に「美味い海産物が食べたい」とリクエストして連れて行ってもらった居酒屋

八戸の住人に「美味い海産物が食べたい」とリクエストして連れて行ってもらった居酒屋

今回は、八戸旅行中に利用する外食先の飲食店を探している人にお伝えしたいお役立ち情報です。

この記事を書いている現在、私は八戸に滞在中なのですが、先日、八戸に住んでいる友人と飲みに行ったんですね。その際に、その友人から「どんな店がいい?」と聞かれたので、「美味い海産物が食べたい」とリクエストしました。

その結果、連れて行ってもらった居酒屋がナイスだったのでご紹介します。この店での体験ですが、簡単には、「これだけ飲んで食べて4,000円でいいの?」と満足できるものとなりました。

懐石料理を居酒屋料金で食べられる店

では、本題のお店をご紹介すると、「お食事処 ちょぼや」という名前の八戸の中心街にある居酒屋です。

この店のキャッチフレーズが面白く、上のリンク先のページを見ると「前代未聞!懐石料理なのに居酒屋料金で。」とあります。事実、その道40年の板前さんが、懐石料理を食べやすい価格で提供することを目指して始めたお店とのことです。

私は、飲み放題のコースで利用しました。コースの料理としては、納豆巻き、茶碗蒸し、刺身の盛り合わせ、鍋料理などがありました。加えて、飲み放題として、ビールやハイボール、焼酎などのお酒を飲むことができました。

店内の雰囲気ですが、まさに居酒屋で、結構広い印象を受けました。店内にはカウンター席もあり、一人や二人など少人数での利用もできますし、お座敷を使って大人数での飲み会もできる空間となっていました。

初体験のタコの白子がナイス

さて。今回、私がこの店で食べた料理の中で、特に印象的だったのは、刺身の盛り合わせに入っている、タコの白子でした。

choboya-sashimi

上の写真の右中央にちらっと見える、白いものがそれなのですが、この写真だとちょっとわかりにくいですね。

八戸で生まれ育った私ですが、このタコの白子を初めて食べるものだったんですね。で、食べてみたところ、初めての食感、味わいでしたが、クセもなくナイスだったわけです。

また、この店では、地元産の素材を積極的に利用しているとのことでした。なので、郷土料理ではなくても、八戸の味を楽しむ目的で利用することができます。

以上のような体験をした結果、冒頭で述べた通り、この店の感想は、「これだけ飲んで食べて4,000円でいいの?」という、満足できるものとなりました。

ちなみに。店内は、常連客以外でも利用しやすい雰囲気となっています。なので、八戸が初めての旅行者でも気軽に利用することができますよ。

ただ、店の入り口が、ホテルの1Fになっているため、ちょっとわかりにくいかもしれません。ホテルに入るようにして奥に進むとこの店があります。

Return Top