八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

温泉

八戸から三沢にある青森屋の温泉に入りに行く理由

八戸から三沢にある青森屋の温泉に入りに行く理由

今回は、八戸旅行中に温泉に入りたい人にお伝えしたいお役立ち情報です。

八戸ですが、市内にある銭湯のお湯が天然温泉であることが多いんですね。なので、単純に温泉に入りたいだけなら、市内にある入浴施設に行けば事足ります。

一方で、そのような施設は、生活感を感じさせる雰囲気なんですね。加えて、その泉質があっさりしているという特徴があります。

なので。八戸旅行中に旅情を感じさせ、また温泉らしい泉質の温泉に入りたい場合は、八戸周辺に一足伸ばす必要があるんですね

八戸の北、三沢市にある青森屋

そして、そのように八戸から一足伸ばすと楽しめる天然温泉の施設の1つとして、三沢市にある「青森屋」があります。この施設ですが、元々古牧温泉という大きな温泉宿泊施設を星野リゾートがリニューアルオープンさせたものです。

そして、私は、八戸に滞在中は、この青森屋の温泉に入りに行くことがあるんですね。一方で、八戸周辺には、この青森屋以外にも天然温泉を楽しめる施設があるわけです。例えば、奥入瀬渓流の方向に足を伸ばせば、また別の天然温泉が楽しめるエリアがあります。

そのような背景の中で、「なぜ青森屋に行くのか?」ということをご紹介しますと。

アクセスがしやすい

まず、青森屋の特徴として、「八戸からのアクセスの良さ」があります。八戸から青森屋までは、有料道路を使うと車で30〜40分くらいの好アクセスなんですね。一方、上でご紹介した、奥入瀬渓流周辺の温泉に行く場合、片道1時間以上の時間が掛かるんですね。

で、奥入瀬渓流よりも奥にある、蔦温泉、猿倉温泉、酸ヶ湯温泉まで行く場合は、もっと時間がかかります。これらの温泉は雰囲気があり、旅情を感じさせる点はナイスです。ですが、行くのに時間がかかるため、それなりに気合が必要になるわけです。

一方で、青森屋は30〜40分で行けるため、気軽に向かうことができるんですね。

露天風呂がナイス

また、青森屋の露天風呂ですが、とてもナイスなんですね。それも青森屋を訪れる理由の1つです。

具体的には、青森屋では、露天風呂が池に面するように配置されており、お湯に浸かると、とても広い水面に浮かんでいるような気分が味わえます。

ハワイのワイキキにあるシェラトン・ワイキキ・ホテルには、「インフィニティ・エッジ・プール」という、海沿いに作られ、プールと海の境界がないように見えるプールがあるのですが、それの「露天風呂版」が、青森屋の露天風呂と言えますね。

また、この露天風呂には、湯船が浅くなっていて横に寝ながら入れるスペースもあり、それも気持ち良いです。そのスペースで、広く開いた空を見ながらゴロゴロしていると本当にリラックスでき、日頃の疲れが癒されます。

空いていることが多い

ほかの理由としては、「空いていることが多いから」ということもあります。

青森屋ですが、この記事を書いている現在、日帰りでの入浴料が1,500円/大人1名と、そこそこするんですね。そのため館内が混みにくいという特徴があります。

もちろん時期によっては混む場合もあるでしょうけど、私が日中に日帰り入浴で訪れる分には空いていることが多いんですね。運が良いと、広い露天風呂を独り占めできることさえあります。

事実、2016年のお盆に訪れた時は、「お盆だし混んでるかな?」と心配しましたが、むしろ空いていました。で、露天風呂の独り占めも楽しめたわけです。

以上の3点が、私が青森屋の温泉に入りに行く理由です。特に時間のない旅行者にとっては、青森屋の八戸からのアクセスの良さは、大きな魅力となりますね。

Return Top