八戸旅行の楽しみ方

東京から八戸旅行の魅力を発信!

八戸旅行の基本

お得な裏技も!八戸へのアクセスの仕方

お得な裏技も!八戸へのアクセスの仕方

八戸への旅行にあたってまず考えることは、どうやって八戸まで行くか、つまり八戸へのアクセス方法ですよね?そこで今回は、旅行者向けの八戸へのアクセス方法をご紹介します。

八戸へのアクセス方法

はじめに旅行者向けの八戸へアクセス方法を挙げますと、次の通りです。

・東北新幹線で八戸駅で下車する
・JALの国内線で三沢空港まで行き、三沢から八戸へ移動する
・高速バスで八戸に行く
・フェリーで八戸に行く

以上が、旅行者が八戸を訪れる場合の一般的なアクセス方法です。これ以外の方法としては、自家用車で東北自動車道を利用する方法も考えられます。ですが、よほど運転が好きではない限り、この方法はおすすめできません。その理由ですが、東京と八戸間を車で移動すると、休憩を入れながらになるので片道8時間以上かかり疲れるからです。実際に私は何度か車でこの東京-八戸間を往復した経験がありますがやはり大変でした。

東北新幹線

八戸へのアクセスを考えた時に最も一般的な方法が、東北新幹線を利用して八戸駅まで行くことです。特に関東圏にお住いの方は、八戸駅までは東京駅から1本で行けるのでとても便利です。東京駅から八戸駅までの所要時間は、だいたい3時間ちょうどとなります。

私自身、東京から八戸に帰省をする時は、特に理由がない限りはこの東北新幹線を利用します。その理由ですが、やはり東京駅から乗り換えなしで1本なのが便利だからです。

また東北新幹線を利用する場合ですが、探すとJR東日本がお得な切符を出していることがあり、それを利用すると正規の運賃よりお得に八戸までアクセスできます。たとえばですが、「週末パス」と言う切符を利用すると。乗車できる日が週末に限定されますが、八戸までの往復の乗車料金がかなりお得になります。

ほか、ちょっと裏技的な方法として。金券ショップでJR東日本の株主優待券を購入し、それを利用して東北新幹線の切符を購入する方法があります。具体的には、JR東日本の株主優待券は、1枚利用すると乗車券・特急券を合わせた運賃が2割引になります。片道で最大2枚利用でき、その場合料金が4割引になるわけです。

そして、東京-八戸間の新幹線の正規の料金は1万5千円を超えるので、その4割引は6千円を超える額となります。つまり、JR東日本の株主優待券1枚を3千円以下で買えれば、その分お得になるわけです。たとえば株主優待券1枚が2千円で買えた場合は、2枚使って総額の運賃が2千円くらいお得に新幹線の切符を買える計算となります。

さらに。東北新幹線を利用する場合、八戸市内のホテルの宿泊を含めたパックがあり、かなりお得に新幹線の切符を買えるプランがあります。この場合大人2名からと言う条件が付くことが多いですが、条件を満たせる場合はそれを活用するのも一つの方法ですね。

ご紹介した方法以外にもお得に新幹線で八戸に行く方法があるはずなので、探してみてください。

三沢空港経由

次に、八戸へは飛行機でもアクセスできます。具体的には、八戸から最寄りの空港である三沢空港を経由して、八戸までアクセスできます。

三沢空港から八戸市内までは、連絡バスが出ており50分程度の所要時間でアクセスできます。ちなみに、タクシーの場合は40分程度でアクセスできます。なので、三沢空港までの便がある羽田空港や伊丹空港のお近くにお住いの場合は、この航路を使ってアクセスする方が八戸までは速くアクセスできます。

また三沢空港まで飛行機でアクセスできると言うことは、年齢が12歳以上22歳未満の人は、スカイメイトが利用できます。つまり、その運賃を半額以下の額で利用できるわけです。この場合、飛行機の方が新幹線の運賃より安くなりお得ですよ。私も学生の頃はよくスカイメイトを利用して帰省をしていました。

ちなみに三沢空港からは、古牧温泉と言う温泉が近いです。なので、その温泉で一風呂浴びてから八戸を目指すと言うのもなかなか良い体験となりますよ。

高速バス

次に、八戸へは高速バスでもアクセスできます。所要時間はかかりますが、やはり安価に八戸まで移動したい場合に活躍するのが高速バスですね。

ただ、八戸までへの高速バスは、東京発であることがほとんどなので、関東圏以外から利用しにくい面があります。関西圏にお住いの方が、どうしても八戸まで高速バスで移動したい場合は、大阪-仙台間の高速バスはあるので、それを利用して乗り継ぐことになりますね。

私自身は、この高速バスで東京-八戸間を移動した経験はありません。ですが、その経験がある友人の話によると、最近の高速バスはシートが工夫されており快適だそうですね。私も機会があれば一度乗ってみてみたいと考えていました。

フェリー

最後に、八戸へはフェリーでもアクセスできます。具体的にはシルバーフェリーと言うフェリー会社の船が運行しています。・・・ですが、このフェリーの航路は北海道の苫小牧市と八戸間しかありません。ですので、フェリーを利用できるのはかなり限られたケースとなりますね。

高速バスと同様、私自身はこのシルバーフェリーに乗船した経験がないのですが、札幌の大学に通う兄がよくこのフェリーを利用して、札幌-八戸間を往復していました。兄はその当時学生だったので節約のため大部屋となる2等室しか利用していませんでしたが、シルバフェリーのホームページを見てみると特等室があり、その設備はとても快適なことがわかりますね。

船旅は時間こそかかりますが、旅情を抜群に感じられるので、一度は利用してみたいものです。

新幹線だけじゃない!

以上、八戸へのアクセスの仕方をご紹介ました。

八戸へのアクセス方法は、東北新幹線を利用するのが一般的な方法ではあるのですが、ご紹介した通り他にも方法があります。変わったところでは、北海道からのフェリーの航路がありました。なので、もしお時間があるならば、北海道旅行 + フェリーで八戸のような旅行も楽しめますよ。ぜひ八戸へ遊びに行ってくださいね。

Return Top